Category Archives: 欧州

NEC イタリア大手電力会社とスマートグリッドシステムの開発で提携 #smartgridj

NECは、イタリア大手電力会社ENELSpAの関連会社であるENELDistribuzione社(ENEL)と、スマートグリッド(次世代送電網)の実現に向けた新しい技術やソリューションの開発で提携すると発表した。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi=2011&d=0425&f=business_0425_057.shtml

Advertisements

日立、英国配電会社のスマートグリッド実証実験に参画 #smartgridj

日立製作所の欧州現地法人である日立ヨーロッパ社は、英国の大手配電会社であるウエスタンパワーディストリビューション(WPD)社に、電圧安定化システムを提供することで合意した。同システムは、英国のエネルギー規制機関のOfgem(Office of the Gas and Electricity Markets)が推進する低炭素ネットワークのプロジェクトとして、WPD社が予定するスマートグリッド実証実験に採用される。これにより、日立は日本メーカ-として初めて実証実験に参画していくことになる

http://www.rbbtoday.com/article/2011/04/20/76357.html

NEC、イタリアの電力大手系会社とスマートグリッド実現へシステム開発 #smartgridj

NECは、イタリアの電力大手、エネル系のインフラ開発会社、エネルディストリビュゾーネと、電力需給を最適化するスマートグリッド(次世代送電網)を実現するためのシステムの共同開発で提携する。両社の技術や資産を生かして蓄電システムを中心にした効率的な先進システムを開発し、イタリアで実証実験を行う。

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20110422/106406/

日立製作所 英国配電会社のスマートグリッド実証実験に参画 #smartgridj

日立製作所は、英国の大手配電会社であるウエスタンパワーディストリビューション社(WPD社)が予定しているスマートグリッド実証実験に、電圧安定化システムが採用され、日本メーカーとして初めて本実証実験に参画すると発表した。

http://www.kankyo-business.jp/news2011/20110420b.html

【放射能漏れ】19日から国際会議 チェルノブイリ原発事故から25年 #smartgridj

【キエフ=佐藤貴生】旧ソ連・チェルノブイリ原子力発電所の事故から26日で25年となるのに合わせ、ウクライナの首都キエフで19日から国際会議が開かれる。事故の深刻度を示す国際評価尺度が同原発と同じ「レベル7」となった東京電力福島第1原発の事故についても、意見が交わされる見通しだ。インタファクス通信によると、会議には50前後の国・国際機関が参加。国連の潘基文事務総長のほか、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長、欧州連合(EU)のバローゾ欧州委員長らも出席する。19日に開かれる「原子力の安全に関するサミット」では、日本の高橋千秋外務副大臣が東日本大震災後の各国の支援に感謝の意を表明し、福島第1原発の事故の経緯や日本の対応策、さらに近隣国で高まる風評被害の懸念払拭に努める。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110418/mcb1104181810027-n1.htm

アルメニア原発に潜む危険性 #smartgridj

アルメニアの複雑な歴史を象徴するアララト山のふもとに31年前、メタモール原子力発電所が建設された。アララト山は民族のシンボルだが、同原発もアルメニアの決意と苦悩を表している。メタモール原発の原子炉は1次格納容器を持たない設計で、同タイプの炉はわずかしか残っていない。旧ソ連開発の第1世代加圧水型原子炉は5基現存するが、すべて設計寿命を越えているか終えようとしている。しかし、ロシアの4基とは一線を画する要素がメタモールには存在する。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110413001&expand&source=gnews

東電:海水放射能は基準14万倍、EUや露が食品・水産物輸入規制 #smartgridj

4月7日(ブルームバーグ):放射能漏れ事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所で7日、原子炉2号機取水口付近で採取した海水の放射性ヨウ素131の濃度が法令基準の14万倍に低下したことが分かった。この取水口付近では高レベルの放射性物質を含む汚染水流出を止めることに成功していた。東電が記者会見で明らかにした。原子炉2号機取水口付近では2日に高濃度の放射能汚染が海に流れ出ていることが確認され、5日の段階で法令基準の750万倍の放射性ヨウ素131が検出された。汚染水流出は地面への凝固剤注入で6日に止まり、海水汚染度も低下した。法令基準の14万倍という濃度の評価について東電は説明を控えている。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aNDdsikhPH7c