Category Archives: オフィス

清水建設、CO2削減と快適性を追求した次世代型の「超環境配慮」オフィス完成 #smartgridj

清水建設は、東京都江東区の技術研究所本館内に次世代型の「超環境配慮」オフィスを完成させた。CO2排出量を大きく削減しながら快適性を追求した。スマートグリッド(次世代送電網)に対応したエネルギー制御システムによって、一般的なオフィスに比べてCO2排出量を60%削減する。 このオフィスには、スマートグリッドで不可欠になる先端技術を導入した。太陽光発電と蓄電池を組み合わせたマイクログリッド(小規模電力供給網)を備え、ピーク時の消費電力の削減と平準化を目的に制御する。季節や天候などを考慮した電力需要の予測をもとに、夜間の蓄電・蓄熱、設備機器の計画的な運用、過大な電力使用の抑制などを実施して電力消費量を削減する。

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20101027/105093/

Advertisements

清水建設、スマートグリッド対応の次世代型超環境オフィスを完成 #smartgridj

清水建設(株)<社長 宮本洋一>の技術研究所本館内に、CO2削減と快適性を追求した、スマートグリッド対応の次世代型超環境オフィスがこのほど完成しました。その核となるエネルギー制御システム「シミズ・スマートBEMS」により、CO2の排出量を一般的なオフィス比で60%削減しています。 次世代型の超環境オフィスの特長は、「必要な人に、必要な時に、必要な所に、必要なエネルギーを、必要なだけ供給でき、かつ快適性を追求できる」ことです。具体的には、オフィス内では必要最低限のレベルに消費電力(電力需要)が制御され、かつ必要最小限の空間に個人最適の光・温度環境が創出されます。消費電力の制御については、ピーク時の消費電力の削減(ピークカット)ならびに平準化を目的にしたもので、デマンドレスポンス(DR)と呼ばれ、スマートグリッド社会の実現に不可欠な先端技術です。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=264588&lindID=6

清水建設が超環境オフィス スマートグリッドに対応 #smartgridj

清水建設は21日、スマートグリッド(次世代送配電網)対応の次世代型超環境オフィスを、同社技術研究所(東京都江東区)内に完成させたと発表した。ビル内の電力需要を個人単位まで細分化して管理し、必要な人・時・所に必要なだけエネルギーを供給する。太陽光発電と蓄電池を組み込んだマイクログリッドなどをエネルギー制御システム「シミズ・スマートBEMS」で管理し、二酸化炭素(CO2)排出量を一般的なオフィスと比べて60%削減、ピーク時の消費電力を最大20%カットする。

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/construction/20101022_02.html